タイトル
★ようこそ!まさおのフィットネス&ランニングのブログへ…SINCE 2004.10.31 アニメ
Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


recent entries

recent comments



スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


血液検査 ++++++++ ふつうの日記

2011/05/08 11:21

いくら体調が悪かったとはいえ、タイム度外視で出来る範囲で走ったとはいえ、やはり走り終えた後はガックリでした。人生走り始めての初ハーフがこの豊平川。その翌年走ったこの大会のタイムより悪い結果でした。

2月3月の好調期と4月に入ってからの下降線、そして風邪でダウンし伊達も欠場、そして不調のまま今回の豊平川と、その間の練習経過やどうして体調を崩したのかその原因。ドットランブログの完走記提出もあり、いろいろ検証し記録的に書いてみたのですが、すべて言い訳に思えてヤメました。

そして監督コーチからも促されていた血液検査。レースの翌日病院で採血してきました。その結果、危惧されていた貧血の数値は正常範囲値。医者からは鉄剤を飲む必要なしと。それも結果が出る前の問診段階で目の裏を見たり顔の外観を触診し、貧血ではなさそうですね、と言われもしました。

赤血球数 441 (400-552) 
ヘモグロビン 13.2 (13.2-17.2)
ヘマトクリット 40.5 (40.4-51.1)
若干下限値ですが、まったくの正常範囲値、問題無しだそうです。

それよりも12月に採血した時も高値だった腎臓の数値が今回も悪い。
尿素窒素 29 (8-20)
クレアチニン 1.21 (0.6-1.1)

ちなみに他の数値では。
γ-GTP 158 (0-69) 肝臓、アルコール性。毎回100を超えている。
尿酸 4.4 (3.4-7) 痛風、正常値。

腎臓の数値が高いのはいろいろ要因があるそうですが医者が言うには、
継続的に服用している痛風の薬。(でもこれは20年近く服用してるので今に始まったことではない)
強度の運動後この数値が高くなる。(マラソントレーニングの結果からして可能性大)
脱水症の場合。(大いにあり得る)
他の病気。(甲状腺機能亢進症など)

考えると土日のポイント練習の後、しっかり水分を取らず夜は大量にビールを飲んで、翌朝月曜は身体がだるくノドが乾き声もよくでない、ということがよくありました。平日も。

アルコールは短期間でに脱水症を進行させる。恐らく練習による発汗と毎日の飲酒により体内の水分が不足し継続的脱水状態が続き、練習の回復が遅れ疲労蓄積(肝臓も)、免疫力低下の結果風邪を引き更に体力消耗、パフォーマンスの低下を招いてる、というのが今回の流れのようです。(自己分析)

やはり諸悪の根源は『お酒』だったんですね。と、今更ながら言ってますが、きっと自分で知らぬ振り、気づかぬ振りを装っていたのかもしれません。原因は分かっているけど近づかないよう触らぬよう。。。

どうしたら良いかハッキリしています。あとはどう実行するか。

スポンサーサイト

テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(2) | コメント(13) | top▲


<<その後 | Top | 目標修正か?>>




Comment
耳が痛い。
わたしも同じでございます。
【2011/05/08 15:30】 URL | ヨーイチ [ 編集] | top▲


ヨーイチさん>
ここまで走れなくなるとは思ってもいませんでした。
お気をつけ下さい。
【2011/05/08 17:08】 URL | まさお [ 編集] | top▲


まさおさんのブログを見ていて、不調というのはお酒と食生活だろうと思っていました。

仕事の付き合いとかで難しい点もあるかもしれませんけど、週何回とかお酒飲む日を決めてみたらどうですか?ちなみに我が家も以前はビール500ml1本ぐらいですが毎日晩酌していました。でも今は週3回と決めてます。夫のγ-GTPも前からそんなに高くは無かったけど、それでもかなり下がりました。
【2011/05/08 17:23】 URL | NAOJI [ 編集] | top▲


NAOJIさん>
きっとジョグ程度の練習ならここまで不調にならなかったでしょうが、強度の練習を継続している中では、かなり無頓着なお酒の量だったと思います。かなり食べて飲んでも体重の変化が少ないので、それを良いことに節制していませんでした。

ここできっぱり断酒はストレス溜まりますので、おっしゃるように日数を決めて徐々に酒量を減らして行こうと思います。休肝日4日は理想的ですね!
【2011/05/08 18:11】 URL | まさお [ 編集] | top▲


わたし、ヘモグロビンが『6』まで下がったんですよ
あの時も別の病気で病院に掛っていて
貧血も原因ではないかと私は訴えました

でも、眼の裏や肌の色で先生は貧血では無いと
血液検査をしなかったんです

会社の健康診断の血液検査で見つけて貰いました
肌の色等では分かりませんよ~(T_T)

ばっきゃろ( ̄^ ̄)

【2011/05/08 20:45】 URL | emico [ 編集] | top▲


私は、昨年の八月から、家飲みを辞めました。
なんちゃってビールにしてます。
飲まないと、朝、体が楽です。
お腹の肉も、取れました。
別に飲まなくても、苦痛じゃないので、習慣だったのかな。
たまに、外飲みで、記憶無くしてます。
(。-_-。)
【2011/05/08 23:57】 URL | マハロ [ 編集] | top▲


emicoさん>
ヘモが6だと相当きついですね。
酸素が薄い高地トレーニングをしていると同じだそうです。
その分、平地で走るとパフォーマンスがものすごく上がるそうですよ。
でも貧血はそれだけじゃなくて、めまい、頭痛、不眠などのになるので気をつけなければいけませんよね。
その医者のせいで昨年体調崩したんですね。


マハロさん>
自分も飲まなくても平気な身体になりたいです。
多分うちは依存症間違いないです。
家飲みでも記憶を無くしていますから。。。(;一_一)
でもこれから出来るだけ平日の家飲みはやめるようにします。
外飲みで記憶を無くするようにします。(笑)
【2011/05/09 13:05】 URL | まさお [ 編集] | top▲


貧血ではなかったんですね・・
貧血だと回復するまでに数ヶ月は掛かりますから
前向きに考えたら良かったのかも。。"^_^"
でも、平日家飲み我慢。。
あのビールサーバー君が許してくれるでしょうか・・
(K子さんも・・)
【2011/05/09 20:27】 URL | GO [ 編集] | top▲


今回は練習による脱水と、アルコールによる脱水状態が継続され、肝臓にダブルパンチで疲労を与え、その分練習の回復が遅れ、疲労蓄積、そしてその後の流れとなるようです。
冬場における熱中症もあることですし、適切な水分補給や栄養補給が必要なんですね。
まぁ、若いころのようには無理出来ないというこでしょう。(^^;)
少しはサーバーにもお休みしていただかないと、いつまで働いてくれるか危ないので。。。(笑)
【2011/05/10 16:18】 URL | まさお [ 編集] | top▲


お酒は適度に飲めば薬ですが、記憶をなくすようではね~(笑)
いずれにせよ少し控えめに・・あくまでも控えめにね。。(^^ゞ
【2011/05/11 10:48】 URL | 星峰 [ 編集] | top▲


星峰さん>
さくら道、お疲れさまでした。
完走記読んで、半端な大会じゃないことがよくわかりました。

お酒もそうですが、何事も適量が一番ですよね~。
でもそうさせないのがお酒の怖いところ。
『過ぎたるは及ばざるが如し』、肝に銘じます。

【2011/05/11 16:41】 URL | まさお [ 編集] | top▲


お酒を我慢して、走れますか???

美味しいビールを飲むために、私は走ってます。。。笑

それでないと、走れないよ~♪
毎日、お酒飲んでも、サブ3は達成できます。でも、二日酔いで、翌朝走れないほど飲んではいけませんね。。。

私も毎回検診で、γ-GTP 150以上あり、再検診でエコーしています。。。笑
【2011/05/11 22:00】 URL | シーハイル [ 編集] | top▲


シーハイルさん>
自分も走った後の美味しいビールがこの世で最高に美味しい飲み物だと信じてます!(^^)
ただ今回ここまで体調崩すと思ってなかったので、ある程度戻るまで休肝日を増やします。(もう年なのかな~?)
シーハイルさんもそろそろ大台近いので気をつけてくださいね。(笑)
シーズン始まったのでまた一緒に走ったり飲んだりしましょう!

【2011/05/11 22:08】 URL | まさお [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://fitrun.blog58.fc2.com/tb.php/1087-4738bd75
FC2blog user only
痛風はビールを飲みながらでも治る!!
専門医であり、痛風患者でもある自分の体を実験台にしてデータを集めること2年間。ついに導き出された常識を覆す「飲酒OK、食事制限なし」の痛風克服法をあなたも実践してみませんか? 食事療法不要の痛風治療法【2011/05/10 08:44】
「ビールを飲んでも大丈夫」な無理のない痛風克服方法
痛風は、正しい解消法の知識を身に着け、日々の生活の中で改善方法を実践し続けていくことで克服できるのです。ぜひ、貴方もこのレポートを利用して無理なく痛風を克服してください。 痛風を最短で解消するレポート【2011/05/12 00:54】
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。