タイトル
★ようこそ!まさおのフィットネス&ランニングのブログへ…SINCE 2004.10.31 アニメ
Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


recent entries

recent comments



スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


2005北海道ロードレース ++++++++ マラソン大会の完走記2004-2005

2005/10/23 00:33

2005年10月23日 

北海道ロードレース



北海道マラソン後,約2ヶ月ぶりのレースでした。

初フルの北海道マラソンを完走できたことによって,いわゆる「燃え尽き症候群」のような状態が長く続いていました。

練習にも熱が入らず,9月はやっと137キロを走っただけ。

やはり今年一番の大きな目標を達成できたことによって,それまでの高い緊張感の糸がすっかり緩んでしまったようでした。

そんな精神状態に加え,道マラ後痛みを増した足低筋膜炎が長引き,湿布を貼ったりテーピングをしたりと,ランの練習もさることながら,エアロやスタジオにも影響が出ていたのです。

足低筋の痛みは朝一番に痛みが激しく,時々歩くことさえつらい状態になっていました。

夕涼みマラソンの前後あたりから痛みを感じていたのですが,道マラ後に一気に痛み出しました。

やはりフルマラソンは身体のいたるところに,大きな無理がかかっているものなのですね。

自然とフィットネスにも行く回数が減り,どうもやる気が出ない2ヶ月でした。

道マラ後は,札幌マラソン,旭川マラソンと大きな大会が続いていましたが,それらの大会に参加する仲間の活躍を見るにつけ,ケガというのは辛いものなんだと感じていました。

来年は道マラ,札マラ,旭川マラと3大会完走を目指したいものです。

しかし女房がこの大会で初ハーフを走ることになっていましたので,ゆっくりペースで20キロを何度か並走したりしていました。

10kレースを2度経験しただけ(湿原マラソンとファミリーマラソン)の挑戦でしたので,本人もかなり緊張していたようです。

そんな状態で臨んだ大会でしたので,当然ながらモチベーションは低く,自己ベスト狙いなどは望むべくもありませんでした。

前日の日記を読み返してみると,それまでのレース前日は禁酒していたのですが,この日はビールを2杯だけですが飲んでいます。

まぁこのくらいのお酒ではそう影響はなさそうですが,こんなことからも,レースにかける意気込みが全く感じられないのがわかります。

道マラのときなんかは,なんと2日前から禁酒して,それも慰安旅行の宴会でもお茶を飲んでたくらいでしたから。

レースコースですが,真駒内競技場をスタートして,河川敷を往復のある程度平坦な道行です。

前半あまり無理せず,後半に力をためてスパートの予定。

どの辺でスパートかは,走ってみてから脚の状態で決めよう,そんな計画です。

女房と並走しようかとも思いましたが,本人が一人で走りたいというので,それもやめました。やはり自分の力だけで走ってみたいのでしょう。



さていよいよスタートです。

シーズン最後を飾る大きなレースなので,参加者も多くスタートは混雑します。

しばらく走っていると,自分のペースと同じようなランナーが見つかるものです。

今回のレースは黄色のシャツを着ているランナー,そうです楽走のyagiさんでした。

どのくらいからだったでしょう,恐らく5キロを過ぎた頃からだと思います,yagiさんの後について15キロ地点まで走りました。

私も黄色のロングシャツを着ていましたので,二人黄色で目立ったことでしょう。(笑)

何度も前を走る黄色い人に,「やぎさーん」と声がかかっていたので,この人がyagiさんなんだと分かり,途中「私,まさおです」「よろしく」と挨拶しました。

この方のペースはほぼ一定。ほんとうに自分のペースと合っていました。

申し訳ありませんでしたが,このまま後をつけさせていただいて,15キロ地点で余力あればスパートと決めさせていただきます。

その後は順調にラップを刻み,一定ペースで河川敷の景色を見ながら気持ちよく走ることが出来ました。

心配だった気温も10度くらいまで上がり,半そでシャツでも良かったくらいです。

12キロ地点あたりで周りのペースも遅れてきましたが,ここでスピードアップしてしまうと後半のスタミナが心配でした。

ちょっと遅いかなーって思いながらも,まだ一定ペースで我慢です。

そんな感じで走っていましたが,いよいよ中間地点を過ぎ,16キロ地点に到達しました。

ここでのタイムは1'11'35 。

残り5キロをこのペースで走ると自己ベストが出るかもしれない。

ここでラストスパートです。

ハーフレースはここからが辛いところ。最後の1-2キロは有酸素運動と無酸素運動の境目で走ります。

乳酸が溜まって筋肉が硬直し,痙攣する一歩手前までの限界に挑みます。

まぁ,正直そこまではいきませんですけど,それに近い状態で最後の5キロを走りました。

結果,1'33'54のうれしい自己ベスト達成。

やはり前半に力をためていたのが,後半のスパートで生きたのでしょう。



さて,女房ですが,途中すれ違ったのが相当後ろのほう。

一応関門が設定されていますので,こんな位置で本当に完走できるのかと心配でした。でも足取りはしっかりしていたので,後半あきらめなければ大丈夫かなと。

自分のゴール後しばらく待っていたのですが,ここでまっていても何時競技場に入ってくるか分かりません。

身体も冷えるので,上下ジャージを着て逆送することにしました。

そして堤防に出ると,二人並んで走っています。こあきさんに並走してもらってるではないですか。

私が道マラ完走できたのも,こあき姐さんの檄が無ければ危うかったのです。

こんなところでもお世話になって,夫婦共々ご迷惑をお掛けします。先輩ランナーには本当に助けられるものです。

そんなことで女房もめでたく初ハーフを完走。うれしいことが二つ実現できました。



そしてレース後は楽しい,お楽しみ抽選会。この大会の目玉となっているイベントです。

この大会は北海道マラソンクラブで運営されていることもあって,ランナーさんがたがスタッフとなって動いています。

この抽選会でも,冬場つどーむでよく見かける,女性高速ランナーさんがお手伝いをしていました。

商品がまた沢山あって,抽選会が終わるまで1時間以上もかかっていました。

シャケなんかは40本もあったのではないでしょうか?

まわりの仲間も数人当たっていましたが,うちら夫婦はまったくのスカ。

来年に期待しよー。(笑)



22'16 22'16 5km
44'08 21'52 10km
46'34 中間点
1'11'35 25'00 16km(ペースが遅いかなって思ったけどここまで我慢)
1'15'57 4'22 17km(ラストスパート)
1'20'22 4'24 18km
1'24'49 4'27 19km
1'29'22 4'32 20km
1'33'54 4'32 21.0975km

スポンサーサイト

テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<2005苫小牧フルマラソン挑戦会 | Top | 2005北海道マラソン>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://fitrun.blog58.fc2.com/tb.php/10-dc52d4f7
FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。