タイトル
★ようこそ!まさおのフィットネス&ランニングのブログへ…SINCE 2004.10.31 アニメ
Top | RSS | Admin

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05


recent entries

recent comments



スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


さっぽろさよならマラソン2007 ++++++++ マラソン大会の日記2007

2007/11/18 17:05

さっぽろさよならマラソン2007

河川敷を吹き荒れる雪まじりの風が辛かった。手袋二枚重ねの指先が、かじかんでしまうほど気温が低かった。

横に流れる雪の粉粒の間から、一時覗き見るように晴れ間が顔を出したが、所詮走っているものにとってはコマーシャルの一瞬で消えてしまうワンカットのようにも思えた。

走り始めてちょうど3年目のハーフレース。そんなに甘く走らせてくれませんでした。
寒い

気象条件は確かに最悪だったけど、最初はもしかしたら自己ベスト行けるかなと思いながら走っていました。しかし最初5キロの折り返しですでに22分、さらに15キロの折り返しではとうとう1時間8分。

最後の5キロはもう足が動かず、もちろんラストスパート何ぞはかけられもせずヘロヘロ状態でゴールへやっとのことでたどり着いた感じです。

自己計測では1時間31分42秒あたり。(後日記録が送付されてくる)

いろいろ言い訳をしたいところです。あっちだこちだ…。(笑) でもやめときます。。。

これで今シーズンも終わりました。これからは気持ちを切り替えて少しトレーニング方法を考え直してみます。
辛口

で、今夜はこれで温まってから寝ることにしますね。(^^)

スポンサーサイト

テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(0) | コメント(15) | top▲


北海道ロードレース2007 ++++++++ マラソン大会の日記2007

2007/10/21 20:13

あいにくの冷たい雨の中でのスタート。一週間前のグアムのレースとは、気温およそ30度の違いがありました。(笑)

自分は10キロ、K子はハーフでの出走。まわりからは逆じゃないのとずいぶん言われましたが、短いレースほどキツいものがあるんですよと一応答えておいた。(^^)

往路は追い風のせいだったのか意外とスピードに乗ることが出来て、5キロ地点でのラップが20:34。しかし折り返しをまわってからは向かい風で難儀する。

復路は約3人が固まってラスト2キロ地点まで団子になって走った。一番前に出たのが一番年配の人、次に安定した走りの少し若い人、そして自分。

抜きつ抜かれつで最後までもつれ込んだが、ラスト1キロで前の人が落ちて、一番年配の人に最後はぐいぐいと引き離されてやられてしまった。やはり年の功には敵わない。

競技場前では前を走っていた女性がいたので、何とかこの人だけはと頑張って抜いて場内に入ったが、係の人が「女性の一番」が来た!左に寄って!と言っていた。でも最後何とか抜かせて良かった。(^^)

結果は41:43。やっぱり後半の落ち込みがあります。でもこんなものでしょう。スピード練習おろか、最近満足に走ってないし、一番大きな気温差もあったことだし。(笑)

年代別の順位は後日アイサムのHPで掲載されるようです。

でもなんか燃え尽きた感じがまったくしません。それでも後半かなり苦しかったんですが。。。

仕方ないので今シーズンラスト、「さっぽろさよならマラソン ハーフ」で燃え尽きることにします。(^_^)

今日応援してくれた、ゆうさん、きっしいさんご夫妻、福ちゃん&yakkoさん、ヨーイチさん、ひでさん、最後まで奥様の伴走をしていたGOさん、力をもらいました。また最後、K子のゴールまで応援してくれたこまっちさん、みんなありがとう!

ゴール


テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(0) | コメント(10) | top▲


Guam Ko'Ko Road Race 2007 ++++++++ マラソン大会の日記2007

2007/10/16 20:28


10月14日,第2回グアムココロードレースに参加してきました。

この大会は20kのロードレースと、同じく20kの駅伝があります。昨年は全体でも約350人という少ない参加でしたが、今年は見るところソロだけでも200人くらだったでしょうか。
受付

また、ココ(Ko'Ko)とは、グアム島を象徴する鳥で、飛べない鳥としても知られており、近年は絶滅の危機に瀕しているそうです。
ココ

さて大会ですが早朝5時スタートということで、前夜ほとんど眠れぬまま朝4時のバスにピックアップされ会場に向かいました。

当然まわりは真っ暗、でも気温は23-4度くらいあったでしょうか、w-upのエアロを会場で踊っただけで玉のような汗が吹き出てきます。

そしていよいよスタート時間になりましたが、ピストルのバン!という音も聞こえないまま、あれれと言う感じでいつのまにかスタートです。外国の大会らしい。(笑)

事前に聞かされていたスタート時の急な坂道をぐんぐん上って行くのですが、さすがに暗くてどんなところを走っていたのか記憶に残らなかったのですが、中間地点を折り返して再びこの坂に戻ってくるのですが、とんでもなくキツく歩くようにヘロヘロになりながら走ることになるのでした。

最初から飛ばすつもりは無かったので先頭集団が走り去るのを無理して追いかけず、8割ほどのスピードで前半を走るつもりでしたがこの坂を下りてからすぐに横っ腹が苦しくなり、少しペースを落としての往路となりました。

今回一緒に来ている友人の「こだぬきさん」(仮称)は一気に先頭集団に入りそのまま激走体勢に入ったようです。日本人ランナーも数人先頭集団にいましたが、全体的には日本人は3割くらいだったでしょうか。(駅伝チームは4箇所に分かれていたので全体が把握できませんでした)

先頭集団から遅れてほとんど単独で走る往路でしたが、折り返しまでは中国人のスレンダーな女性ランナー(結果、総合で女性2位の人でした)を追う展開、しかし折り返し前あたりから離され結局復路は姿を見ることが出来ませんでした。

中間の折り返し地点もかなり急勾配の丘になっていて、これまた苦労しながら上って降りてでしたが、復路に入ってからは朝日も昇り、綺麗な海岸線をゴールに向かって走って行きます。調子は復路のほうが断然良く、少しペースアップ。再びスタート時の坂道に戻ってきてもまだ余力が残っていたので頑張って欧米人数人を抜いて駆け上ります。

面白いことに外人さんは抜きざまにGood Job!などと声をかけてくることが多く、自分も真似してGood Job!などと言い返してみます。欧米化!(笑)

しかし終盤になってのこの坂はさすがに疲れました。急な坂が何度も繰り返すような丘になっていて、今まで経験した坂で言えば、「美瑛の心臓破りの丘」が三つほどつながっていると言ってもいいくらいの丘です。美瑛を知っている方は、どれだけきついか想像していただけると思います。(^^;)

最後は苦しみながらもやっとゴールにたどり着き、ミスグアムの一人にメダルをかけてもらいました。先頭集団で走っていた「こだぬきさん」はすでにゴールしていて上位入賞間違いなし。さらに一緒に参加していた女性の「こぐまさん」は女性でなんと3番目にゴール!海外レースで表彰台に登ることになりました。すごい!
ゴール


また、グアム到着後体調を崩してレース参加自体も危ぶまれたK子でしたが、何とか余裕の制限内ゴールで一安心でした。
ミス

ただ男性陣はこの場ではタイム以外の結果はわからず、夕方開催されるフェアウエルパーティーで完走記録をもらうまでは順位はわかりません。

そしてレース後はテント内に用意された朝食ビュッフェとドリンクのサービスです。もちろん食べ放題。走った後よくそんなに食べれるねと言われながらごはんを大盛で食べてしまいました。(笑)
朝食会場


朝食

その後、4時からのフェアウエルパーティーで完走記録証をもらうと、
タイム 1時間34分57
男女総合28位
年代別7位
男性総合25位
という自分でもびっくりな結果です。(ただし全体の参加者数は未確認です 笑)

そして今回一緒に参加した友人の、「こだぬきさん」はなんと年代別で4位入賞、さらに「こぐまさんは」女性総合も年代別でもみごと3位入賞でした!

男性ではスタート前に挨拶をした日本人二人が年代別で5位6位と入賞したと聞いたので、4位から7位までは日本人という結果でした。もしかして日本人以外はそんなに速いランナーは参加していなかったのかもしれませんね。(笑)

パーティーでの食事もプレートに盛りだくさんの料理、そしてビール一本もサービスです。公園で同時開催されていたミクロネシア祭りも盛り上がっていい感じに夜が更けていきます。

そんなことでとっても楽しかったグアムマラソン、あっというまに三日間が過ぎてしまいました。来年もまた参加したくなる、そんな大会でした。

また、旅のもうひとつのお楽しみ、食事&お酒&ツアーの報告はまた別日記にて報告させてもらいますね。(^^)

テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(0) | コメント(8) | top▲


駅伝タイム結果 ++++++++ マラソン大会の日記2007

2007/09/27 14:46

2007豊平川サーモン駅伝、チームsmartのタイム結果が監督のGOさんから送られてきました。

トシくん     27:04.1 (3) 8k
レオンさん    18:57.8 (4) 5k
まさお      11:28.5 (4) 3k
シーハイルさん  19:07.3 (5) 5k
あいりんごちゃん 28:05.9 (6) 8k ←29分とありましたが28分の間違いです。(*_ _)

合計タイム   1:44:43.6 一般混成組 4位
トップとの差   04:28.3

GOさんチーム  1:44:05.0

カッコ内は区間順位ですが、みなさんそれぞれすごい順位です。ただ私の場合の3区は圧倒的に女子が走る区間ですので、まったく参考になりませんケド。(^^;)

特にトシくんとあいりんごちゃんの順位が驚異的。特にあいりんごちゃんは、強豪揃いの男子アンカーの中で6位とは凄過ぎるタイムですね!

しかし女性にアンカーをお願いして、まったく情けないオヤジチームでした。でもあいりんごちゃんが一番速いし。。。(^^;)

それと今回楽しみだったGOさんチームとの身内対決。実質結果は約40秒差での4位(GOさんチーム)-5位(まさおチーム)フィニッシュでした。

送られてきたタイムから経過を分析すると、トシくん~レオンさんで作ってくれてたタイム差の貯金約2分を私がひでさんに30秒つめられ、そのまま約1分半の貯金でシーハイルさんからアンカーの愛里ちゃんにタスキを渡しています。

ということは、私が無くした30秒の貯金さえ残っていれば、お互いほぼ同時ゴールだったという事実。予想通りとはいえ、やはり私がチームの足を引っ張ってしまいました。( p_q)

でもそんな結果より大事なのは、お互いのチームみんなで精一杯走って楽しんで笑って泣いて過ごせた一日。こんな最高の一日はそう簡単に得られるものではないということです。

駅伝でスピード走をした結果、また道マラ前と同じ足の甲の痛みが再発してしまいました。でも気持ちはその当時と違って、いたって前向きです。駅伝効果なんでしょうね。(笑)

7日の別海まで足の状態は間に合わないかもしれませんが、とにかく前向きに楽しんで走ってこようと思っています。


テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(0) | コメント(4) | top▲


2007豊平川サーモン駅伝 ++++++++ マラソン大会の日記2007

2007/09/24 13:11

昨年は応援に行ったこの駅伝。会場内はそれぞれの団体、チームがところせましと車座になり、焼き肉や大きな鍋でビールを飲み、まるで大人の運動会みたいだなーってうらやましく思っていました。

それが今年はGOさんが総監督となってエントリーから会場設定まで世話役をしていただき、念願の駅伝初デビューが実現できました。

秋晴れの河川敷は今年もにぎやかに、それぞれのチームが大会を楽しんでいる様子で、自分も到着した時からワクワクしていました。(^^)

最初は奥様ランスカ隊「ビリズ☆ブートキャンプ」の出走です。名前の通り速さは求めず、楽しんで走るのが最大の目的チームです。もちろん結果もその名の通り。。。(笑)でもチームウエアでそろえた迷彩柄のタンクトップはみなさんお似合いでしたよ~。(ということにしておこう 笑)

で、いよいよ本日のメインイベント一般混成チームのスタートです。会場にはきっしーさん、そよ風さん、おまちゃさんとねっとらんのみなさんも応援に駆けつけてくれていました。

一般男子組と一般混成組が同時スタートで、その数なんと130チームを超える出走とのこと。混成チームだけでも64チームになりました。

さてスタートですが、我がチーム「smart」のトップを走るはトシくん。剛脚ぞろいの男子チーム合わせても総合10位につける激走。混成の部でも3位につけるお見事な走りです。前日にも深川駅伝で走り、区間賞をとっている疲れはまったく見せません。

そして2走のレオンさんにタスキをつなぎ高速で安定した走りで5キロ区間を好走、一番心配な私にタスキをつなげてくれました。

しかしタスキをもらうのが初めての自分はすっかり慌ててしまい、タスキを首に巻き付けて走っていたようです。途中タスキを締め付けようと引っ張るとなぜか首が絞まり、グエェ~っとなってしまい少し慌てましたがそのまま走ることに。(^▽^;)

何とか4走のシーハイルさんにつなぐことが出来ました。走ったあとは胸からノドにかけて焼けるような熱さで、しばらく咳き込んでしまいました。こんなスピードで走ったのは生まれて初めてだと思います。

シーハイルさんも持ち前のスピードでグイグイと走り、アンカーのあいりんごちゃんに最後のタスキをつなぎます。

飛び出していった愛里ちゃんの走りはまわりのどの男性ランナーよりスピード感があり、足がお尻にまでつくような蹴り上がりで、ほれぼれするようなフォームで走り抜けていきます。

当然ですが市民ランナーとはまったく次元の違う走りなんだなーって、改めて実感しました。こんなおやじチームのアンカーをつとめてもらって、本当にうれしく感じた一瞬でした。

さすがに各チームともアンカーには強豪ぞろいで、ユウトパパさんと愛里ちゃんのバトルは相当に見ごたえがあって、最後までハラハラドキドキ。駅伝の醍醐味を実感させてくれました。愛里ちゃんありがとう!

区間タイムなどは後日発表なので詳細はわかりませんが、結果順位は4位。最後までバトルを繰り広げたGOさんチームが本当は4位なのですが、まさかのアクシデントで繰り上がりでの4位でした。

チームを組んだ時から予想していましたが、GOさんチームとはほとんどの区間でガチンコ対決。お互い楽しいレースが出来て良い一日が過ごせました。みなさんありがとうございました。

そして最後の抽選会でしたが何と4チームでシャケが3本も当たるという幸運に恵まれ、入賞賞品の2本と合わせてシャケ5本もゲットしてしまいました。

夕方になり澄川でお風呂に入って、大通りのジンギスカン打ち上げでも盛り上がり、2次会以降は記憶が半分とんでいましたが、楽しく過ごせた一日でした。

チーム

チームsmartの5人のメンバーです。

しゃけ

賞品、シャケ2本。

打ち上げ

楽しい打ち上げでした!

テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(0) | コメント(17) | top▲


悔しい一日・北海道マラソン不完走 ++++++++ マラソン大会の日記2007

2007/09/10 13:34

3回目の挑戦になる今年の北海道マラソン。2週間前に左足甲に痛みが出て13日間ほぼ完全休養、そして不安を抱えながらの出走でした。

今年の夏は去年より距離も踏んで、ロングの練習もほぼ週一でこなしてきた。正直、少しくらい休んだといっても、タイムの期待はできないまでも最低完走は出来るだろうと甘い考えがあった。

結論から言えば、37k過ぎで歩道に上がれと指示された。

スタート時はさすがに問題は無かったが、10k過ぎて20k地点まできたとき「もうこんな疲労じゃ残り22kはたぶん走りきれない」と思うくらい足に疲労が蓄積していた。

それも皮肉なことに痛みが出た左足甲はなんともなく、逆に右太ももから膝にかけてヒドい筋肉痛になってしまっている。

その後20-30kの間は10回以上立ち止まり、屈伸して、足に水をかけ、また走り出し、の繰り返し。スピードもどんどん落ちて抜かされていく一方。

33k地点で待っていたK子のところにたどり着いたときにはすでに戦意消失、すっかり腰を下ろしてギブアップでした。

その後も何とか走り出したけど、結局37k地点までたどり着くのがやっと、アナウンスに従って歩道に上がりました。

そして歩道で1時間待たされ、あの屈辱のバスにやっとのことで乗ることが出来たのです。あの待っていた1時間ほど悔しく情けない時間はなかった。待ってる周りのランナーも一言もなく黙り込んで、悔しさがひしひしと感じられた。

今年の道マラは気持ちが切れてしまったこともあるが、走ってる途中に足へのダメージがあまりにもありすぎた。土台作りが出来ていなかった証拠です。

春先の千歳マラソン、そして道マラと今年2回のフルはすべて失敗してます。残るは1ヶ月後の別海だけ(今年の苫小牧は仕事の関係で不参加)。せめてサブ3.5を出して終わりたいと思っています。

10km: 48:25 実
20km: 1:39:24 実
30km: 2:41:59 実
40km: 3:35:58 予
FINISH: 3:47:49 予
時刻:12:10:00

今年の夏も終わりました。。。




テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(3) | コメント(22) | top▲


3度目の釧路湿原マラソン2007 ++++++++ マラソン大会の日記2007

2007/07/30 21:38

過去3回のレース結果。

1回目 2時間33分31 
2回目 2時間23分28 
3回目 2時間10分48 今年(年代別 223人中23位)

42'53'51
43'04'77 1'25'58
20'44'46 1'46'42
24'07'78 2'10'48

自分で言うのもなんなんだけど、こうしてみると面白いことにタイムが毎年約10分短縮されています。順調に走力がついているということなのかやはりうれしい。(⌒-⌒)

6月の千歳フルでは終盤撃沈してしまいましたが、30キロの入りが2時間15分、上り下りのあの難コースでのタイムだったのですが、今回の釧路ではほぼフラットなコースなので、出来れば15分切りを目指していました。

釧路も数日前までは20度以下の涼しい気温で、いい感じで走れるかなと思っていましたが、幸いなことに釧路にしてはホント珍しい22度まで上がった好天、走る分には十分すぎるほどの暑さでした。(^▽^;)

スタート前には競技場2階席で楽走の幟近辺にに荷物を置き、カナダさんやそよ風さん、こまっちさん、おけいさん、などなどとご挨拶をしアップに向かいます。

前日は北見の実家で屋外焼き肉、さすがにビールは3本で勘弁してやりましたが、酒が足りなかったのか布団に入っても全然寝付けません。きっとまともに寝ていたのは3時間あるかどうか。。。

そんな朝、釧路まで車を運転したのですが、競技場近くまで来ると駐車場待ちの車で渋滞、中に入れるまでしばらく時間がかかりました。そういえば今年は今までになく参加者が多かったそうで、その影響だったのかもしれません。

いよいよスタートですがスキーにマラソンにスイムとマルチスポーツマンの後輩、シーハイルさんと並びます。本人は20分くらいで、と言ってましたが、きっとあっという間に先に行っちゃうんだろうなーって話しながらスタートです。

往路は河川敷に出てからの向かい風が強く、自分たちは一つの集団を作って固まって走っていました。先頭はタイガーマスクの速いランナーです。(笑)みんなに手を振りながら走っています。

折り返しを過ぎてからもほぼイーブンで走っていましたが、20k過ぎてから疲れが出て来て気持ちも途切れがちになります。この先あまり無理しないで。。。

と、25kを過ぎたあたり、シーハイルさんが後ろから見るからに違うスピードですれ違い様に「がんば!あとついておいで!」と声をかけてくれました。

しかしその時点ではスパートをかける力も尽き果てとてもではないけどついて行けません。もうペースを守るのに精一杯でした。

そこからゴールまでは時計もみなかったのですが、競技場に入り、ゴール前の大きなデジタルが目に入った時、2時間10分と数十秒。

あーーー、惜しかった~、もう少しで10分切りだったのにー。(涙)

それでも30kレースの自己ベスト達成!もちろんうれしいです。(^^)

でもシーハイルさんはさすがですねー。いくら冬場スキーで鍛えていても、シーズン入って走り始めて数ヶ月なのに、やはり走力の基本が比較になりませんね。(^▽^;)

そんなことでレースが終わり、いったんホテルに戻り、最上階にある気持ちのいい温泉に入って
ビールをきゅっと♪いったん休憩していつものTAOに、こまっちさんと待ち合わせして打ち上げに!

おいしいお酒と料理、楽しい仲間と会話であっというまに日付が変わっていました。9年間通った気心の知れたお店とのみ仲間。このひとときがマラソンと並んでの一番の楽しみです♪

少々疲れましたが北見ー釧路ー札幌と長旅を終え、マラソンも無事終了し。。。

あ、報告を忘れましたが、昨年ビリから2番目で30kを完走したK子でしたが、今年は20k地点で自らリタイア。収容車が迎えにくるまでのあいだ、エイドでスイカを食べっぱなしだったとのこと、去年はあまり食べられなかったようで今年はそれのリベンジだったのでしょうか。(笑)

で、少々お疲れ気味ですが明日から3泊4日で台湾までの小旅行です。心配は食べ物が美味しすぎての過食。(笑)でも食べ過ぎてもお茶で油を流してきますねー。

そして毎日暑いだろうけど、耐暑ラン練習で一日最低は10キロランが目標、さて出来るかな~。(^▽^;)

きっと飲み過ぎで走れないのがオチなんだろうな。。。(笑)

テーマ=マラソン - ジャンル=スポーツ

トラックバック(0) | コメント(10) | top▲




| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。